えっ…?株で稼ぐならたった5つのコツを理解すればOKなの

えっ…?株で稼ぐならたった5つのコツを理解すればOKなの

MENU

株で稼ぐための5つのコツとは?

株で稼ぐための5つのコツとは?

株式投資はきわめて魅力的な投資方法のひとつです。

株の売買のリスクと具体的な稼ぐためのコツを理解すれば、
初心者でも株投資で利益を出すことは可能です。

 

ここでは実際に株投資で結果を出している、稼げてる人々が日々行っている
株で稼ぐための5つのコツをご紹介します。

【株で稼ぐための5つのコツ】

1 損切り設定は必ず冷静に機械的に行う
株投資で初心者が一番陥りやすい間違いに損切り設定があります。
感情的な焦りから損切りを適切にできずにズルズルと損失を拡大してしまいます。

 

2 証券会社は自分にあった手数料とサービスを使う
証券会社、特にネット証券にもいろいろなタイプがあります。
株取引をする際に発生する手数料も証券会社によって違いがあり、
どこか自分の投資スタイルに向いているのか見極める必要があるんです。

 

3 利益確定は自分のルールで早めに行う
株で儲けが出るとついつい、「もっと利益を!」と思いがちですが、
ここもしっかりとルールを決めて利益確定を早めにするのが大事です。

 

4 テクニカルとファンダメンタル分析の両方をバランスうよく使う
テクニカルもファンダメンタルもどちらも株銘柄を判断するのに大切な要素ですが、
これら2つをバランスよく見て稼げる銘柄を判断します。

 

5 情報収集を定期的に行う
経済ニュースや各種の発表、日経平均株価などを日々チェックして、
経済の動向をそれなりに把握しておく必要があります。
難しく聞こえますが、実は慣れてしまえば時間もかからず日課にしても苦になりません。

 

 

 

これら5つのコツを理解して、素直にトレードをやっていけば、
損失の少ない安定して稼げる株投資は実現可能です。

 

 

株投資をしたことのない初心者や経験の浅い場合には
これら5つのコツはちょっと多いように感じますが、
繰り返しやっていけば、意外と簡単にできるようになります。

 

手数料 業界最安値水準

 

 

でも、株投資はやっぱり素人には難しい?

株投資はやっぱり素人には難しい?

 

とはいっても、独学で稼げるようになるのは、なかなか難しいのが現状です。

 

ましてや時間のないサラリーマンならほぼ稼げるようになるまでに
膨大な勉強時間や投資がかかるし、失敗も何度も繰り返します。

 

 

稼げるやりかたは理解できるが時間がないし、失敗する余裕なんかない
やっぱり株で稼ぐのは素人には無理なのか・・・

 

 

という風にあきらめていませんか?

 

たしかに、株投資の市場にはプロの投資家や企業もいるので、
素人が稼いでいくのは難しいと思われがちですが

 

 

実は、稼げる技術を短時間で習得して、リスクを少なくする投資方法
があるんです。

 

 

 

 

それが株投資教材の存在です。

 

株投資教材とは現役で活躍するプロ投資家が投資方法をまとめあげた教材で、
独自の短期間で稼げる技術が書いてあります。

 

 

 

 

「えーっ?でもそういうのって怪しくない?」
「稼げる!ってウソでしょう?」

 

 

もちろん、そのような詐欺的な怪しい教材もありますが、
そんな中でも初心者が正しい手法で稼げる教材もあります

 

 

 

以下に実際に結果が出た教材を紹介します。

 

これらの株教材でなぜ稼げるのか
興味がありましたら、公式サイトだけでも見てみてください。

 

きっとあなたの知らなかった稼げる株投資の世界に出会えますよ。

 

稼げる技術を基礎からちゃんと学べる教材

 

渋谷高雄株式投資大百科

 

 

 

 

株リッチプロジェクト

 

 

 

 

杉山てつやの株

 

 

株投資教材メリット

株投資教材のメリットには

・投資のプロが直接伝授する投資方法で無駄なく稼げる
・初心者向けが多いので何から始めればいいのかすぐにわかる
・サポート体制があるので、気軽に相談できる・教えてもらえる
返金保証付きが多いのでリスクを少なくして投資を始められる

という特徴があります。

 

これなら、株投資を始めてみたいけど、何からすればいいのかわからない
という場合にピッタリですよね。

 

 

稼げる技術は、実際に稼いでいる人から身に付けるのが一番早くて確実です。

 

例えば、野球がうまくなりたいなら、イチローからプロの技術を習ったら
ものすごくうまくなりそうじゃないですか?

 

 

株投資教材のデメリット

株投資の強力な味方になってくれる株投資教材ですが、
もちろんデメリットもあります。

 

株投資教材のデメリットには

・中には詐欺的なウソ教材もある
・教材価格が一般的な株の本より高い

というものがあります。

 

詐欺教材は一昔前にやたら流行っていましたが、
最近は減ってきていて、ほとんどお目にかかりません。

 

ネットが進化して、詐欺的なことをするとすぐにバレて広まってしまうからですね。

 

さらに詐欺教材には共通した点があるので、
そこさえ見抜けば、詐欺教材を間違って買うこともありません。

 

 

価格も多くの教材は1万から3万円ほどします。

 

たしかに価格だけみると通常の株の本より高いと感じますが、
教材にはプロの稼ぎに直結した技術が集約されていたり
購入後のサポートが充実していたりするので、

 

実際には価格に見合った内容なんです。

 

 

しかも、稼げる技術を手に入れれば、
教材代金なんてすぐに回収できてしまいます。

 

また、返金保証付きの教材が多いので、
気に入らなければ返金してもらえるので安心です。

 

関連記事:実際に株投資教材の実力はどうなのか?レビューから判断してみる!

株投資を始めたいけど、迷っているあなたへ

株投資を始めたいけど、迷っているあなたへ

 

株投資で儲けていまの暮らしをかえたい
株を副業としてお金を増やしたい

 

株投資をする目的は、”経済的に自由になる”

 

 

しかし、世の中そんなに甘くないし、株で儲けるのは難しい。

 

たしかに株投資は勉強することもあるし、
はじめてのことだと慣れるのに時間かかったりして、
正直めんどくさいですよね。

 

稼げるかどうかの保証もない。

 

 

ただ、今、ここから行動にうつさないで、いつ変わりますか?
やるかやらないかは、結局あなたしだいですよね?

 

 

「株投資を始めてみようかな」

 

そう思った時が行動するときなんです。

 

 

あなたがもし、これまでのような、悶々と思ってるだけで
いつまでも変わらない退屈な悪循環から逃れたいのであれば、

 

株投資を始めて、着実に次の一歩を踏み出していきましょう!

 

 

基礎から学べる株投資教材
渋谷高雄株式投資大百科 株リッチプロジェクト 杉山てつやの株

 

『渋谷高雄株式投資大百科』〜渋谷高雄の株式投資ノウハウの集大成〜

プロトレーダー渋谷高雄氏の投資テクニックがすべて詰まった教材。大百科なので、基礎から無理なく学んで実践的な株で稼げる技術が身に付きます。

 

公式サイトはこちら

 

株リッチプロジェクト

志垣英昭氏の勝つための株教材。低位株売買という具体的な視点の絞った投資方法をで確実に上がる銘柄を狙い撃ちします。配信される低位株リストから選んでじっくり稼ぐ株投資が実現できます。

 

公式サイトはこちら

 

杉山てつやの株

杉山てつや氏の教材。6つの条件という上がる銘柄を選び出すユニークな方法と基礎から応用まである柔軟な投資テクニック全てが学べます。学んだ技術の発展性も高く一生使えます。

 

公式サイトはこちら

 

 

 

株式投資はきわめて魅力的な投資のやり口のひとつです。 しかし、株の売買には色々な危険も伴います。 株の重大なリスクとしては、値下がりの危険、流動性の危険、倒産の危険などがあります。株式投資には定期預金などとは異なって、元本の保証がありません。 株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して用心深く投資を行なう必要があります。 ご存じかと思いますが、株取引には現物取引と信用取引といった取引方法があります。 やっぱり株を始めたばかりの人には、リスクの高い信用取引はすすめることはできません。今手持ちの資金内で投資できる現物取引を断然おすすめします。 入金した以上に損する可能性がないんですから。 たとえば、優待狙いでじっくり株を持ち続けるのも一つの投資方法ではないだといえますか。株式投資をするにあたって、幾ら値動きがすごいからといっても、出来高が少ない小型株式の売買をすることは、推奨できません。それは、普段から出来高が多くない株式は購入した銘柄を売却したいタイミングで売却することが難しいからです。 株の新米から投資資金は幾らぐらいで初められるのかと尋ねられれば、私は最低100万円くらいは準備しないと、株式投資を始めるのは困難だと思います。 どうしてかというと、これくらいの原資があれば上場している多数の銘柄の中から気に入った投資する会社を選択することができるからです。株の初心者の人が株式投資を始める狙い目というのは、多くの人が株式投資への関心を失い、株式市場が落ちついている頃です。 このような時期では、どの銘柄もありえな幾らい値が下がっていて株価が放置状態なので、優良銘柄を買うなら絶好の時期だと思うからなのです。 株を所持している場合、自らの資金への利回りを意識するのではと思います。銀行に預けても利息が大してつくことのない今では、債券や国債、定期預金や投資信託(商品を選択する際には、投資信託評価会社の評価なども参考にするといいかもしれません)などにくらべ、利回りが悪くては投資を行なう意味がありません。 きっちりと利回りを意識しながら投資を行なうことが重要なのです。 株式投資には細分化した方法がありますが、その手だての一つがスキャルピングです。株の購入から売却までをも、スキャルピングは、数秒から数十秒の非常に短時間の間に済ませてしまう投資手だてですスキャルピングの強みは、株を保有している期間を、短時間に絞ることで、最小限の株価下落のリスクにとどめることができるという点にあります。株の収益というのは、株価が変動したことで発生した利益と、配当で会社から支払われる金銭という利益の二つのパターンがあります。株価の変動を読向ことは難しいと思う初心者の方は、落ち着いた株価の一定の配当を毎回支払う会社の株を買うことで、配当による定期的な収入を得ることも良い投資の一つと思われます。 私は最近、株を始めたばかりの新米で、株初心者の本を買い求め、勉強中です。 参考にできそうな本も多いものの、「あれれ?こちらの本と書かれていることが異なるぞ?」とちょっと疑いをもつ本もあったのですが、良い点も悪い点も全体を勉強していきたいです。株式投資に関する本を何冊も読んで勉強した上で、株の初心者が投資を始める場合、スイングトレードという名前の投資方法を採り入れる人も大勢いるだといえます。スイングトレードは上手に取引できれば、沢山の利益を上げられるので、とても人気がある株式の投資方法です。当たり前のことですが、いつでも儲かるりゆうではありませんから、損失を出してしまうこともあります。 どの程度、上昇・下落しているのかを時系列で整理するものとしてチャートを活用する投資家は数多くいます。例えていうと、大聴く上髭が出た株のローソク足はその後、下がっていくのではないかと分析することができるのですし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを決める手がかかりになります。 株に詳しくないものはその買い方が難しいだといえます。証券会社の人間から具体的な目安を教えてもらったり、株式売買をしている知り合いに相談するなどして、株の購入の仕方を教わると良いだといえます。また、デモトレードを利用して、挑戦してみるのも選択肢の一つかもしれません。株のデイトレードによって短期間で大も受けができる人は確かにいるのです。 デイトレードとは、手にした株を持越さないで当日のうちに手仕舞いしてしまう方法なので、想定しないほどに株価が下がってしまうこともほとんどなく、リスクの管理しやすいと思います。 株の経験がない方だけでなく、株式投資をする人の大部分はなるべく手数料が安上がりなインターネット証券に口座をつくるべきだと思います。そのりゆうは、株式を売り買いする為の手数料が格安であれば株式投資の売買が至って臨機応変にできるからです。 株の売買には現物株という方法以外にも投資方法は様々にあります。オプションもその内の一つです。 このオプションは買う権利のコールと売る権利のプットというものがあって、めいめいに売買でき、これら四つの組み合わせによって、自由に投資戦法の組めるデリバディブ投資です。 結構魅力的な投資法ではありますが、十分な知識が必要なのです。私の所持している株が最近、特に上がったり下がったりとしているため、儲かるかもしれない株、下がるかもしれない株を己で判断し、売買をしております。ごくたまに失敗して、マイナスとなることもありますが、今のところ、プラス収支となっているためます。 今の状態のまま、プラスで売り抜けられたら喜ばしいことです。株については知識が豊富でない者が基礎を学ぶためにすべきことは、まずは本で株式投資について学び、基本と呼ぶべき本を5冊以上読まなければならないと言えるだといえます。 五冊くらい株式投資関連の本を読めば、読んだ本の共通項目は大事なことだということが理解できるからです。 私はこの間、株を始めたばかりのビギナーです。 株を買い付けて、ある水準まで儲かったら、ただちに売るべきなのか、それとも、長く保有した方が利益になるのかがわからなくて、まだまだ悩んでいます。 長期間、所持していたら、優待も得られますし、悩むところです。 株式への投資において、時間を取れることも必須な要素です。 日本最大の株式市場である東証が開いている時間は午前9時から午後3時までのため、より良い金額で株を売買するためにはこの時間に時間が自由になることが望ましいです。 この点で専業主婦の人は、新米であっても有利な立場で株への投資が出来ると言えるだといえます。 1点集中型の投資をしようという方にはそんなに必要ありませんが株や債権、海外投資など、多種の投資を行なう場合はポートフォリオを最重要視して投資の是非を決断すべきです。 投資でもっとも大事なことは、リスクを分散した投資の型ですからバランスの良い投資がポートフォリオで行われているかどうか、まめに確認作業をすることが必須かと思われます。 これから株を始めてみようと思って今のところはバーチャルの取引で行っています。 今はまだ調子が良くて、結構大聴く勝ち越しできているのですが、いざ実際の株の取引となると簡単にいかないかもしれません。ですが、この株のバーチャルで得た感覚を忘れずに、今年中には株の取引を始めようと考えています。 株への投資には危険性を伴います。ですので、株を初めてする場合は、まず投資信託(商品を選択する際には、投資信託評価会社の評価なども参考にするといいかもしれません)で資産の運用を考えるのも無難だと言えます。 投資信託(商品を選択する際には、投資信託評価会社の評価なども参考にするといいかもしれません)は資産運用のプロフェッショナルが有望な投資先に大聴くバランスよく分散して投資するので、安全性が高く初めてでも安心の運用法のひとつと考えられます。 株取引をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを加味した上で、確定申告が必要なのです。 ですが、特定口座を利用していたら、こういった税務上の計算は金融機関がやってくれますし、場合によっては確定申告不要です。 そのため、株投資者初心者の方にとってとてもおすすめです。株投資をしている会社員は職場で勤務している時は相場をチェックすることはできないので、基本、デイトレードのようなことはできないものです。ですから、多くのサラリーマン投資家らは決算書を読み込み、割安の株を捜し出し、投資しているようです。 株の初心者からベテランまで絶対確認するべき数値が日経平均というものです。 日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本を代表する全225社の株価を平均したものなのです。始めたばかりの人でも毎日継続して日経平均をチェックすれば、株価の大きなトレンドが把握できるようになってくるだといえます。信用取引というのは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引が可能なことと、空売りが可能なことが大きな特性だといえます。 特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、上手に利用することで上げ相場の場合でも下げ相場の場合でも儲かる武器となります。しかし、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者の場合は資金管理を慎重にする必要があるのです。株の売買を始めたばかりの方であっても利益を出せるコツというのは、落ち着いて行動することです。 ずっと気になっていた株の銘柄が高い価格になっているからというので追いたてられるように買い付けしてしまうと大抵は高値掴みという結末を招いてしまいます。 高騰にはどんな意味があるのだろうか、高値になりすぎているのではないだろうかと株を買う前に一旦気持ちを落ち着けて検討し直しましょう。 投資のビギナーが株を始めたいと考えたときは、できるだけ安全な資産運用のやり方を考えることが必要です。最初から個別の株を売買するよりも、初めのうちはファンドなどから取引を開始した方がよいかもしれません。その次に、少し取引の方法などが理解できるようになってから実際に株式投資を開始するとよいだといえます。 株式投資の初心者はどの銘柄に投資したらいいのか迷うので、株式雑誌がおすすめしている推奨銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで売買します。 これらを経験して、徐々に理解できる銘柄の数を多くしていき、自分で利益が得られると思うことができる銘柄を発掘できるようになることだと思います。株式投資の未経験者にとっては不明なことだらけと考えられるのではないだといえますか。 どこの証券業者に口座を開いて株式投資を開始すればいいのかなど、分からないことが多いです。 すべての人が儲けたいと思って株の取引を始めるりゆうですが、通算で利益を出せる人は少ないだといえます。


 

メニュー

このページの先頭へ